ブログ

18期経営計画発表会 DVD感想2

 

久し振りに経営計画発表会のDVDを鑑賞させて頂きました。拍手が揃っていて、キビキビとした動きで迫力がありました。当日の会場の緊張感が伝わってきました。みなさんが滝沢の田村さんの開会宣言がかっこよかったと言っていた意味がわかりました。声の出方の次元が違い、たくさん練習したことがわかりました。
社長の方針発表の中で子供のおもちゃの話がありました。今の子はYouTubeで使い方を学び、ネットでおもちゃを買う時代だと言う事に驚きました。そういった時代の変化に合わせて会社も変わっていかなければいけないんだと感じました。実際に私が入社した時やっていた仕事と今では全く違います。これからはBPOに力を入れていくとの事でしたので、早くそしてしっかり責任を持って実施していかなければと感じました。
第2部の早食いでは、とても盛り上がっていて、社員同士の仲の良さが伝わってきました。
今回、経営計画発表会のDVDを見る、機会を作っていただきありがとうございました。
BPO事業部 伊藤

 

 

社員の礼や拍手などの所作が揃っており、返事や発言する際も大きな声でハキハキとしていたのが素晴らしいと思いました。このような積み重ねが、誠実さを表す大切なことだと感じました。
社長のお話を聞いて印象的だったのが、「ライバルは時代」という言葉です。田舎にスーパーが無く、コンビニに頼り生活していたり、おもちゃ屋に行かず、Amazonで買い物をする子供たちの話を聞き、時代は速いスピードで変わっていることがよく分かりました
BPO事業を担当するにあたり、「簡単なことを早く」はもちろんのこと、お客様の様々なニーズに臨機応変に応えていくことが大切なのだと思いました。
今回初めて経営計画発表会のDVDを見て、年に一回このように社長に考え、方針をしっかり聞く機会があることで、社員の心構えもしっかりしていくのだと感じました。
BPO事業部 大峡

 

 

「ありがとうございます。感謝します。」