HP作成・サイト

初心者向け!「HTML」ってなに?

みなさん、「HTML」について知っていますか?「HTML」はHP作成時やプログラミングなどで使用されることが多いです。

「HTML」と聞いてもわからないという初心者の方向けに、今回は「HTML」とはどういうものなのか紹介していきます。

 

1.「HTML」とは

「HTML」とはHyper Text Language(ハイパーテキスト・マークアップ・ランゲージ)の略称となっています。

Markupとは印をつけるという意味です。今私たちがPCやスマホで見ているページは基本的には「HTML」によって作られています。

文字に印をつけていくことで、それを意味付けし画像や表などを見るようにすることができます。

Hyper Text(ハイパーテキスト)とはハイパーリンクを埋め込むことができる高機能なテキストです。ハイパーリンクというのは、ウェブページで下線のついたテキストなどをクリックすると別ページへと移動するリンクを指しています。

Hyper Text(ハイパーテキスト)ではウェブボタンから別のウェブページにリンクを貼ったり、ウェブページ内に画像や音声、動画などのデータをリンクで埋め込むことができます。

2.「HTML」の種類

XHTML 1.0

対応しているブラウザが多く、記述方法に決まりごとが多いです。

HTML5

一部のブラウザでは対応していないです。対応済みのブラウザでもすべての機能は対応していません。記述方法に関しても比較的決まりごとが少なく、ファイルの埋め込みに対して柔軟に対応できます。

XHTML 4.01

対応しているブラウザが多く、記述方法に比較的決まりごとが少ないです。

3.「HTML」のメリット

Webデザイン

HTMLはWebデザインの基本でもあります。自分でHTMLでWebページを作成できたり、Webサイトやブログのデザインを変更したり、装飾することもできるようになります。

Webの仕組み

ほとんどのWebページはHTMLとCSSで作られています。そのため、HTMLでWebページを作成できれば、Webの仕組み全般がわかるようになります。

4.HTMLに関して

「.html」という拡張子をつけることでHTMLファイルであることをコンピュータが認識してくれます。

リンク

<a href=”リンク先の絶対パス”リンクを貼るテキストや画像</a>

最後に必ず終了タグである</a>を入力します。

段落分け

<p>段落の内容</p>

1つの段落にしたい部分を<p>と</p>で囲みます。

画像

<img src=”画像ファイルへのパス”>

Srcには絶対パスあるいは相対パスを入力します。<img>タグには終了タグは存在しません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「HTML」と聞くととても難しく思ってしまいますよね。初めは難しく捉えてしまいますが、「HTML」はWebページを作る際に必要な基礎知識です。きちんと理解しておきましょう。