BPO

BPOについて

『BPO』と聞くと、テレビの放送倫理機構を連想される方も多いのではないでしょうか。

実はもう一つの『BPO』が存在します。これについて知らない人は案外多く、知っていたとしても詳しくは知らない・・・という方も多いのではないでしょうか。

今回はそのような方に向けて『BPO』についてご紹介していきます。

1.BPOとは?


簡単に言うと、企業運営上の業務やビジネスプロセスを専門企業に外部委託することを指しています。

BPOという名の通り、業務プロセスを外部に委託することと定義されてお、主にデータの入力や給与計算・総務・人事などの事務作業などを中心に行っています。人手が足りない、単純な仕事だけれどやらないと溜まってしまうなどといった場合に利用する企業が多くなってきています。

2.アウトソーシングとBPOの違い

アウトソーシングとは企業の業務の中で、従業員よりも専門の業者に任せた方が効率が良く、コストを抑えたい場合に使用されています。

その反面、BPOは委託の範囲に違いがあるのです。通常のアウトソーシングが業務の一部分を外部に委託するものに対して、BPOはさらに委託する業務の範囲が大きくなります。

今までやっていたものを一括して外部に委託するのです。

3.BPOのメリット

人材を確保できる

誰でもできる業務に人手をとられ、本来注力したい業務に人手を回すことが出来ない・・・このような悩みを持つ企業も多いのではないでしょうか。

そのような誰にでもできる業務を外部に委託することで、今までその業務に割いていた人材を確保することができ、力を入れたい部分に集中させることができます。

業務効率化アップ

業務を委託することにより自社の業務を客観的に見ることができ、また専門的知識を持つ外部企業に委託することで、業務の効率をアップすることができます。

その他にもコストの面でも抑えることができます。

業務の質を上げる

自社にはない知識やノウハウを活用できるため、最適な業務プロセスを処理できるようになります。

4.BPOの選定基準について

BPOを提供している企業は数多くあるため、慎重に選びたいですよね。

そこで重視するべきポイントについて紹介します。

金額

委託にかかる費用は安ければいいというわけではありません。その費用に対してどのような効果があるのか、しっかりと見極めることが大切です。

業務に関するノウハウ

委託したい業務に関する実績は多い方が好ましいかと思いますが、受託した回数以外にも効果を出した実績に注目しましょう。

コミュニケーション

長期的に委託する場合であれば、コミュニケーションが上手にとれるかもポイントの1つです。ただメリットだけを伝えるのではなく、デメリットを踏まえた上で伝えてくれる企業の方が安心かと思います。きちんとそういった面も確認しておきましょう。

企業規模

企業規模が多いと今の業務以外にも委託したい作業があった場合便利になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

外部に委託することによって業務の質や効率を上げることができます。人手が足りなくて困っている、残業が多くて困っている、情報が蓄積されず困っている・・・などという方はぜひBPOの利用を検討してはいかがでしょうか。

また、BPOを検討されている方には利用するか、しなくてもよいかの判断材料に少しでもなれれば幸いです。