BPO

BPO利用の意識が低い…その理由とは

ビジネスの場において、昔は業務を委託する企業が少なく自らの企業内で仕事をする人がメインでした。そんな中、最近ではBPO(業務を外部に委託すること)を利用し始める企業が増えてきました。しかしまだBPO利用の意識が少ないのが現状です。

今回はBPO利用の意識が低い理由について紹介します。

 

1.なぜ意識は低いのか

日本企業の多くは、BPOをコスト削減の手段の一つとして認識しているため、戦略的なBPO利用に対しての意識が低いのです。

現に今BPOを利用する企業の多くは、コスト削減や効率化以外の効果を感じている企業が少ない傾向があります。

BPOの戦略的価値として挙げられる「専門知識や業務の改善」への理解を深める必要があるのです。

2.効果が出にくい中小サービス業とは

中小サービス業でBPOが遅れる原因の一つとして、中小サービスは間接部分が小さいことから間接業務のコスト削減のメリットが小さいことが挙げられます。

しかし最近では中小サービス業向けとして、クラウド技術と組み合わせて中小サービス業にも効果の高いBPOが現れてはいますが、その中でも中小企業サービスこそあまり知られていません。

米国では、PEO(Professional Employer Organization)と呼ばれている雇用制度が存在して、特に中小企業の人事事務のBPOを容易にしています。

3.BPO利用に関する例

例えば新店舗数がどんどん増加しているのに比例して、売掛金管理業務が増加します。コア業務に集中すべ規制社員の業務時間を確保するか、社員のトレーニングが新たに必要と感じ時間的コストの削減にはつながらなかった場合に利用するといいでしょう。

BPOを利用することで、社員がコア業務に集中できたり、業務改善につなぐことができ、より仕事がしやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

最近はBPOを利用する企業が増えてきましたが、以前BPOに対する意識が低くなっています。BPOを利用することで他の仕事に集中できたり、コスト削減、業務改善につなげることができます。ぜひ、利用したことがない方は検討してみてください。