HP作成・サイト

魅了するサイトを作るためには画像が大事!

みなさん、見やすいサイトは何かと想像するとどういったものが思い浮かびますか?自分自身が知りたいことを調べても、字ばかりが画面に表示されると見にくいなと感じてしまう人が多いのではないでしょうか。

そもそも見やすく人を魅了するサイトはどういったものが挙げられるのか、紹介していきます。

 

1.どちらに魅力を感じる?

文章が画面一面にズラーっと書いてあるのと、文に合っている画像を取り入れているか、どちらに魅力を感じますか?多くの方は、後者を選択するのではないでしょうか。

その理由として人は文章だけを長時間追い続けると疲れやすくなってしまい、集中力が欠けてしまうのです。

しかし文章の合間に文に合った写真が何枚かあるだけで、疲れにくくなり文が表すイメージがつきやすくなります。また、集中力も欠けることなく読み進めることができます。

2.何枚画像を入れるのがベストか

これは記事の内容にもよりますが、必ずしも〇枚にしないといけないという決まりはありません。しかし読みやすさを重視するならば、1つの見出しに対して1つの画像を入れ込むとわかりやすくなるでしょう。

簡単に概要文などを書いてある部分には画像一枚でも十分です。

3.たくさん入れるからいいというわけでもない

いくら画像を入れる方がいいとは言っても、たくさん画像があればいいというわけではありません。

SEO対策として、GoogleやYahoo!などといった検索エンジンは、写真を理解して判断する仕組みがないため、写真の下に説明文を入れたり、テキストを一緒に配置するといいですね。

4.画像の重要性

Webサイトは拾い読みや飛ばして読まれることが多く、スマホなどで見る場合は画面のスクロールは簡単に行うことができます。そういったことから流し読みをしやすいのです。

そこで文章の内容を分かりやすく表現した画像を何個かおくことで、スクロールをした場合でもサイト全体の流れを把握しやすいのです。

また、画像を取り入れることで全体のインパクトを閲覧者に与えたり、ページをスクロールする手を止める役割も担っています。

5.加工するとなお良し!

今やアイキャッチの写真だけを判断してサイトを見る人もいます。そのため、ただ写真を載せるよりも、加工した方が閲覧者が増える可能性が高いのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

テキストのみのサイトよりも画像を取り入れる方が見やすいのです。ただ画像をたくさん入れればいいというわけではありません。そこを注意しつつ、サイトを作成する際は試してみてください。