給与計算

これから増える!?給与計算アウトソーシング・代行について

会社・企業が自社の従業員の給与計算などを委託することを給与計算アウトソーシング」または、「給与計算代行」といいます。給与計算は、専門性が必要ですし、定型的で細かい作業が多いため、アウトソーシング・代行を検討されている方は多いのではないでしょうか。

今回は給与計算業務をアウトソーシング・代行について紹介したいと思います。

アウトソーシング・代行の利用率

2014年日本企業の約20%が給与計算アウトソーシング・給与計算代行を利用しているといわれます。会社がコア業務に専念し、ノンコア業務は外部に委託するというビジネスモデルが一般化し、給与計算アウトソーシング・給与計算代行を企業が成長するための戦略と位置づける企業が多くなっています。

海外では北米だと約20%、中南米では約60%の企業が給与計算代行のアウトソーシングを利用していると言われているのです。

給与計算アウトソーシング・給与計算代行でなにを頼める?

給与計算は、一年を通していろいろな業務があります。アウトソーシングサービスではどこまでやってもらえるのでしょうか。

〇給与計算代行
毎月の給与計算に必要なタイムカードの集計から、入退社、人事異動などの情報の変更など様々です。毎月金額が変動的となり、残業代や所得税、住民税の計算などが含まれます。

〇年末調整代行
給与計算の中でも年末調整は業務が面倒で、こみいっています。繁忙期が年末から年初に限られる年末調整を外部に委託することです。通常は給与計算・賞与計算業務を委託していない場合でも、期間限定で年末調整のみ依頼するケースもあります。

〇住民税更新代行
住民税の更新は毎月5月から6月に発生します。年末調整と同じく繁忙期が限られます。さらに、地方税である住民税は市区町村とのやり取りの中で特別徴収額通知など、紙をたくさん扱う必要があります。インターネットの対応が遅れている市区町村も多いため、時間的なコストがかかってしまいます。
そのため、給与・賞与の計算は自社で行っても、時期が限られた住民税更新だけはアウトソーシングするという企業も多くあります。

〇振込・納税代行
給与計算の結果の給与振り込みデータの作成や振り込み、税金の納付を代行するパターンで。給与計算代行・賞与計算代行に追加するという形で依頼することが多いです。

まとめ

給与計算アウトソーシング・給与計算代行で、どこまで外部に委託するかは、企業の考え方やコストによっても様々です。場合によっては、給与計算だけではなく勤怠管理や社会保険・労働保険の加入・脱退の手続きまで行う場合もあります。
これからの日本もどんどん給与計算のアウトソーシングが増えていく傾向にありますので、会社選びなどをしっかり行い、自分たちにあった会社を探してみてください。

【関連記事】
「コア業務」・「ノンコア業務」って一体…?
「給与計算実務能力検定」ってなに?
給与計算に必要な「控除」の種類とは