SNS

インスタ映えの写真を簡単に撮るコツ!

近年Instagramが若者を中心に人気を集めていますよね。簡単に出来事を投稿でき、今何をしているかリアルタイムで載せることができる優れものです。

今はインスタ映えという言葉が流行っているくらい、写真を見てお気に入りかそうではないかを決める人が多くなりました。

今回は簡単にインスタ映えする写真を撮るコツについて紹介します。

 

1.インスタ映えとは

インスタ映えとは、Instagramに写真を投稿した際に、見栄えが良く映えているという意味です。写真そのものも大事ですが、それ以外にも高級なレストランなどに行ったなどの投稿の内容も含めてインスタ映えと呼ぶのが本格的ですが、写真写りがいい(フォトジェニック)だけを意味して使われることもあります。

2.インスタを利用する用途

Instagramは写真や動画を中心としたSNSアプリで全世界で若い世代を中心に利用者を増やしています。日本では女性を中心としてコミュニケーションツールとして使用されています。今はハッシュタグを使って検索し、色々な人の投稿を見て楽しむ人が増えました。

投稿した写真に「いいね」の数が多いとSNS上で受けがいい、評価が高い写真と言えるでしょう。

最近ではInstagramで注目を集めた場所へ自らが出向き、撮影をしてInstagramに投稿する人が増えています。

3.インスタ映えを狙うために必要なポイント

雑誌風

雑誌で実際使われているような感じで撮るとおしゃれに見えます。最近では見せたいものにピントを合わせて風景をぼかす写真が人気です。

カラフル

一目見てパッと目を引くようなカラフルさはSNSでの反響が大きいです。

規格

標準サイズよりもはるかに上回るものを投稿すると、「凄い」「これはどこ?」などといったコメントが寄せられやすくなります。

4.加工テクニック!

斜め45℃

写真を撮るときにお皿に乗った料理を全体的に写してしまいがちですが、あえて斜め45℃に料理へ寄って撮影してみましょう。

余白が対角側によることで、主役であるものが引き立ちやすくなります。

液体ものは光を

色鮮やかなジュースなどを載せる場合は、液体の色と影のコントラストがはっきりとしていると、良い印象を与えることができます。

友達の携帯のライトを使って撮影すると、きれいに見えますよ。

皿の配置

お皿が複数ある場合は、縦一列に並べるのではなく対角線上にまとめると一気におしゃれ感が増して料理なども引き立ちます。

小物を合わせて

料理などを投稿する際は、その料理に合わせて小物を配置するのも1つの手ですよ。旅行中であればサングラスやパンフレットなどが一緒に映ると、面白みが増します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今流行っているインスタ映えの写真を撮るためには、ポイントが重要でした。よりおしゃれに見えるようにすることが大切です。

小物を載せたりおしゃれな壁で撮影したりして、おしゃれ感を演出しましょう。