BPO

「アウトソーシング」と「派遣」の違いとは

アウトソーシングや派遣はどちらも外部を活用していて、代わりにやってもらうという点では同じようなサービスと言えます。

しかし、代わりにやる人だけを与えてもらうのか、代わりにやってもらう業務を依頼するのかでは、方法が変わってきます。意外とこの違いを理解している人は少ないかと思います。

今回は「アウトソーシング」と「派遣」の違い、それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

 

1.アウトソーシングの意味

アウトソーシングとは「外部から経営資源を調達すること」を意味していて、仕事を担う人やサービスを、契約によって外部から調達し企業活動に生かす経営手法となっています。

会計や税務などの定型的で外部専門家に任せたほうがコストが安いことから、高い品質が実現できる業務、工場の作業外注などの繰り返し作業が主な仕事内容です。

2.アウトソーシングと派遣の違い

結論から言うと、アウトソーシングと派遣は違います。

アウトソーシングは業務そのものを切り出して、代わりに行うという方法となっています。そのため、業務に携わる人材の教育や管理、派遣交代などの負荷を依頼する会社は一切管理する必要がなくなり、業務の質を高めることができます。

そして、業務を丸ごと委託しているため業務改善などを直接アウトソーシング業者に指示することは出来ません。

その反面、派遣は必要なタイミングでそれに見合ったスキルを持つ人材を派遣会社から早く派遣してもらうことができるので、業務に穴をあけずに済むのが派遣の特長です。

働く時間も指定できたり、直接指示を出すこともできます。また、パートなどとは違い社会保険などの負担もなく、単純に時間給で働いてもらうことができます。

つまりアウトソーシングは「業務・成果の向上」、派遣は「人材の提供」がサービスと言えるでしょう。

3.それぞれのメリット・デメリット

アウトソーシングのメリット

クオリティが向上します。特別な資格が必要な業務や毎年改正される制度に関わる業務はアウトソーシングすることで最新の情報を得ることができます。専門性の高い分野をアウトシーングすることで外部のノウハウを活かした業務ができます。

また、通常メインで行うべき業務に集中できます。本来集中すべく業務に時間を割くことができるので、今まで以上に利益を上げることもできます。

アウトソーシングのデメリット

依頼していた業務以外にも仕事を依頼してしまうと、追加費用が増してコストがかかりすぎる場合もあります。

また、社内で行った方が想像以上のクオリティになることもあります。

派遣のメリット

月々のコストが固定なため、管理しやすくなっています。また、必要な人数分のみを補充したいといったニーズにこたえることが可能です。

派遣のデメリット

採用に関わる費用がかかってしまいます。また、業務量に合わせて月々報酬を変動したいなどといったニーズに派遣雇用は対応することが難しいでしょう。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

アウトソーシングと派遣は一見同じように捉えられがちですが、実は違います。それぞれにメリットやデメリットが存在します。

業務委託と派遣をどのように使い分けていけばいいか、自社に都合がいいのはどちらなのかしっかりと見極めましょう!そしてこの記事が参考になれば幸いです。