給与計算

「給与計算実務能力検定」ってなに?

給与計算は、従業員を雇ううえでなくてはならない作業です。

その給与計算には、「給与計算実務能力検定」という資格があります。これから給与計算業務に携わる方や、経理関係の職業に就きたいと考えている方のために、「給与計算実務能力検定」についてご紹介します。

 

実務能力検定って?

給与計算実務能力検定は、給与計算業務に関しての実務能力を測る資格の一つです。給与計算そのものは資格がなくてもおこなうことができますが、実務能力検定は労働基準法の知識や人事、労務に関わる問題が含まれているので、給与計算だけではなく経理や総務全般の作業に有利になりやすいです。

検定には2級と1級の2種類があり、2級取得後に1級でもいいですし、いきなり1級試験を受けることもできます。

資格取得後は2年ごとに更新をする必要があります。

資格を持っていると有利?

実務能力検定は資格として履歴書の資格欄に書くことができるので、就職には有利になりやすいです。

給与計算は、社会保険労務士(社労士)と密接な関係があります。まずは給与計算実務能力検定で資格を取り、その後ステップアップして社労士試験を受けるという方もいます。

経理などの業務に携わりたいという方は取得しておいて損はないと思います。

資格試験ってどんなものなの?

試験は、内閣府認可の「一般財団法人職業技能振興会」が開催しています。

2級と1級の区分として、

2級

実務上の基礎となる労務コンプライアンスについて正しく理解し、基本的な給与計算の計算を行い、明細を作成出来るレベル。一般職員として、通常の月次の給与計算業務をこなせる者。

1級

労働法令や税務についても正しく理解し、複雑な制度やイレギュラーな給与体系にも対応可能、また年末調整を含め、年間を通じて給与計算に関するすべての業務に精通したレベル。社会保険や税務等付随する手続きを行うことができ、給与計算業務のリーダーとして管理できる者。

 

と明記されています。

簡単に言うと、2級は基本的な給料計算をして実際に明細の作成ができることが目標です。1級は、給与計算だけではなく年末調整や社会保険などのさらに踏み込んだ部分の業務ができるレベルです。

出題問題数は40問で、内30問は知識問題、10問は計算問題となっています。

合格基準は、7割以上の得点獲得、かつ計算問題を6割正解していることが合格基準です。

試験は、2級は3月と11月の年2回、1級は11月の年1回開催されています。

まとめ

今回は「給与計算実務能力検定」についてご紹介しました。

給与計算をおこなう方には取得しておいて損はない資格です。これから携わる方は勉強もかねて取得しておくと、今後の作業がはかどるかもしれませんね。