給与計算

給与明細の正しい見方

給与明細をもらった時に、総支給額だけをみて、あとは引き出しの中に…なんてことありませんか?毎月もらう給料明細は自分が一生懸命働いた報酬はいくらで、どの部分で金額が差し引かれているのかをしっかりと確認する必要があります。

今回は、そんな給与明細の正しい見方についてご紹介していきます。

 

 

給与明細とは

給与明細とは、働いた分の報酬として給料を受け取る際に一緒にもらう、給料の内訳が記載された支払明細書のことをいいます。会社は雇用する労働者に、必ず給与の支払明細書を交付しなければなりません。これは所得税法第231条によって定められています。

 

 

給与明細の項目 

給与明細は基本的に、7つの項目でできています。

 

  • 勤怠・・・出勤日数や遅刻、早退などが記載されてる。
  • 支給・・・基本給や様々な手当、交通費などのもらえる部分が記載されている。
  • 控除・・・社会保険、所得税、労働保険料、住民税などの支給額から計算された、差し    引かれる金額が記載されている。
  • 総支給額・・・基本給、資格手当、家族手当、時間外手当、交通費、欠勤控除、遅刻控除の合計額が記載されている。
  • 控除合計・・・介護手数料、健康保険、厚生年金保険、雇用保険料、所得税、住民税の金額が記載されている。
  • 課税対象額・・・総支給額から労働保険料、社会保険料、交通費などの税金がかからない項目を引いた金額が記載されている。
  • 差引支給額・・・総支給額から控除合計を引いた金額が記載されている。実際にもらえる金額。

 

 

給与明細は保管しておくべき?

 給与明細をもらって、すぐに捨ててしまう人もいるかもしれません。しかし、給与明細は保管しておいたほうが良いといえます。未払い賃金を請求する際や、税金の支払いの計算などの書類作成に必要になってきます。

給与明細の保管期間は、未払い賃金請求の時効が2年であることから、2年以上の保管が必要になります。また、給与明細原本を保管しておくことは、もちろんですがパソコンに画像として保存しておくことをおすすめします。万が一、原本を紛失してしまった場合など、すぐにデータを引き出すことができます。

一度もらった給与明細はすぐに捨てたりせず、保管をしておきましょう。

 

 

まとめ

今回は給与明細の正しい見方についてご紹介してきました。毎月もらっている給与明細がどのような仕組みになっているかわかりましたか?毎月もらう給与に間違いがないか自分でもしっかり確認してみましょう。

 

【関連記事】

意外と知らない!「給料」と「給与」の違い

「給与計算実務能力検定」ってなに?