給与計算

意外と知らない!「給料」と「給与」の違い

みなさんは、「給料」と「給与」の違いって何?と思ったことはありませんか?給料と給与を同じように捉えている方もいると思いますが、実は給料と給与は明確な違いがあるのです!

今回は「給料」と「給与」の違いについてご紹介したいと思います。

 

「給料」と「給与」の違い

「給料」とは

給料=基本給

給料とは、残業代や各種手当などを引いたものになります。つまり、正規の勤務時間に対する報酬です。給料には、残業代や日当などは含まれていません。

アルバイトや正社員のように雇用の形態によっても違いはありますが、時間ごとや日にちごとに働いた分だけもらえるお金のことを「給料」と言います。

 

 

「給与」とは

給与=会社からもらえるすべてのお金

所得税法28条には、「給与」について明確に定められています。
『給与所得とは、俸給、給料、賃金、歳費及び賞与並びにこれらの性質を有する給与に係る所得を言う』

給与には残業代手当ボーナスといったものが含まれたものです。給与は給料よりも範囲が広く考えられており、会社から受け取る報酬はすべて「給与」ということになります。

 

給与はお金を受け取るものだけではない

給与とは原則的に現金で支払われますが、現金ではなく物などで支給することを「現物給与」と呼ばれます。

自社製品の社員割引での購入や社員食堂を利用など、換金のできない支給が現物給与に該当します。

現物給与の代表例

・創業記念品

・永年勤続者への記念品

・食事代の補助

・家賃補助や社宅

・冠婚葬祭の見舞金や香典、ご祝儀

・通勤以外の旅費

・通勤旅費

などが「現物給与」と呼ばれるものになります。

「現物給与」は金銭に換算した金額に対して所得税が掛かることになります。
永年勤続者の記念品や創業記念品などは課税対象にはなりません。しかし、社内の一部の部署だけで配られる記念品などは、記念品購入金額分が給与に加算され課税対象となります。

 

給与明細をチェックしよう

給与明細とは1ヶ月分の給与と手取りの金額が記されたものです。

 

給与明細をもらったらすぐにチェックし、誤りがあれば直ちに、総務担当者に連絡しましょう。あまり多くはありませんが、残業時間が間違っていたり、手当の変更がされていなかったりと経理総務担当者も人間ですので間違いがあるかもしれません。毎月の給与明細をしっかり確認していないと、気づかずに損をしてしまうことがあるので必ずチェックするようにしましょう!

 

 

まとめ

いかがでしたか?今回は「給料」と「給与」の違いについてお話しました。「給料」とは基本給のことで、「給与」とは会社からもらえるすべてのお金ということがわかりましたね。「給与」は変動するが「給料」は基本的には変動しません。「給与」をベースに考えてしまうと思ったより額が少ない…なんてこともあります。今一度自分の給与明細をじっくりと見てみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

給与計算に必要な「控除」の種類とは

意外と知られていない給与計算!