HP作成・サイト

押さえておくべきSEO対策!

ウェブサイトを運営していると多くの方は検索エンジンを意識するのではないでしょうか。「自社のサイトを上位に表示したい」「検索回数をアップさせたい」と、誰しもが思いますよね。検索上位を獲得することはかなり重要になります。

「SEO対策」と自分で調べてみても、どういった効果があるのかがわからないという方のために、今回は『SEO対策』について紹介していきます。

 

1.SEO対策とは

SEO対策とは、検索結果で自社サイトを多く露出するために行う対策のことを言い、別名検索エンジン最適化と言われています。

SEOとは「Search EngIne Optimization」の略語で、上位表示をさせるためにこの検索エンジンを対策する必要があるのです。

見込み客が検索するキーワードを使うことで、目的の情報を探して自ら商品やサービスを探してウェブサイトへ訪れるユーザーが多いため、成果につながりやすい傾向にあります。

このようにモチベーションが高く、尚且つ質の高いユーザーの安定したサイト流入が見込めるため、SEOの成功につなげるには大きなカギとなっています。

SEO対策の他に検索結果に表示されるものとして、リスティング広告があります。このリスティング広告はお金をかけて上位表示をしていて、SEO対策はお金をかけた場合でも上位表示が約束されておらず、表示場所も違います。

2.SEO対策とはGoogle対策に直結!

日本の検索サイトといえば、メインは「Google」と「Yahoo!」となっています。

実はYahoo!の検索エンジンはGoogleのものを借りて使っているため、GoogleのSEO対策ができていればYahoo!の対策もできたことになります。

ただし、Yahoo!の保持しているコンテンツや提携先の情報などの検索結果を差し込むため、それを理解しておく必要があります。

3.SEO対策のメリット

一番のメリットは、自然検索からの流入を増やすことができるという点でしょう。ホームページの集客であれば検索以外にも「SNS」や「広告」といった手段が挙げられますが、SEO対策によって意欲の高いユーザーを効率的に集客することができるとも言えるでしょう。

ただし、SEO対策で成功するためにはユーザーが求めていることを理解し、検索に潜むユーザーニーズをしっかりと捉えることが大切です。

4.SEO対策で重要なこと

SEOを行う上で重要なのが「良質なコンテンツを作成し、ユーザーに対して価値のある情報を提供する」ということです。

SEOにおいてキーワード選びは非常に重要で、検索キーワードはユーザーニーズが視覚化されたものなので、自社の強みではないものを検索キーワードとして選んでも意味がありません。自社の強みとニーズをどうマッチさせるのかが重要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

SEO対策をすることで効果が期待できるかと思います。誰に向けたコンテンツなのか、きちんとハッキリさせましょう。ただGoogle向けのコンテンツであれば、それは評価されません。

ユーザーのためのコンテンツとは一体何かを考えて対策していきましょう。